ギャンブルはつらいよ

ギャンブルとキャッシングは、表裏一体な気がします。

酒にタバコ、ギャンブル、キャッシングの申込など、この世にはたくさんの誘惑があります。私は若い頃、世の中の誘惑に一通りおぼれたことがあります。しかし、最近では自分でも自立できるようになり、どうにか自分の生きる術を見つけられました。キャッシングもこのころ使っていました。
思えば、とんでもない日常を過ごしてきました。しょっちゅう喧嘩の申込ばっかりして、警察のお世話にもなりました。今でこそ落ち着いていますが、当時の連中とは、今でも時々馬鹿騒ぎをやって盛り上がっています。申込が出来る店も減っていますので、理由をごまかして宴会の申込をする必要があります。
人生は、誰かのおもちゃじゃないと思います。私は父の借金を返すために、キャッシング関連会社で働いています。数千万円ある借金は、弁済が認められず、日々がとても苦しいです。しかし、現行の法律では、借金も相続されてしまうので、とても大変です。
私はこの前、スーパーでキャベツを半額で買いました。父はバブルの時に、同僚が申込した借金の保証人にされて、多額の借金を背負わされてしまいました。どうも商売で騙されたらしく、今でも父を騙した人物は捕まっていません。
私の最近のマイブームは買い物です。そこら中のお店で買い物をして、好きなものをキャッシングカードの利用限度額いっぱいまで使ってしまいます。ろくな稼ぎじゃないのに、カードをたくさん作ってしまったので、自転車操業状態です。
買い物は本当に楽しいです。買い物をしている間は、仕事のストレスや鬱憤などが発散されるので、あっという間に自由な気分になれます。最近は小物を中心に買い集めていて、要らなくなった小物は雑貨屋などに売り、また他の物を買っています。
競馬に賭博、そこら中の賭場は全部遊び倒した私ですが、唯一やっていないのが借金の踏み倒しです。これをやってしまうと、人間として終わってしまうと思い、今までやってきませんでした。そして、このたび借金を踏み倒そうと思い、大手の消費者金融でお金を借りることにしました。キャッシングって、確か5年くらいで踏み倒せた気がします。
ところが、実際のところはそんなに甘くないようで、一生逃げ回らなくてはならないものらしく、怖くなった私は、借りたお金を、申し込んだその日のうちにすぐ返済しました。後が怖い借金は、絶対にしてはいけないものですね。